東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

Dscn2616

水上みのり みずかみみのり

お問い合わせ

〒167-0051
東京都杉並区荻窪 1-15-15
TEL: 03-3391-5589
FAX: 03-3391-5589

大造じいさんとガンの挿絵

2017.04.21

教科書や教材の仕事を掲載していきます。

第一弾は「大造じいさんとガン」の挿絵です。

光村図書さん、小5国語です。

ADは図工室の坂啓典さんです。(NHKおしんペーパークラフトでもお世話になりました)


鳥は普段描いたことがないので、光村の担当の方にたくさん用意していただいた資料でなんとか描きました。

なかなかあそこまで用意してくださることはないので、感謝。

割と良い出来ではないか??とちとばかり自負しております、、、



昔の日本の藁の風景が大好きです。




この手のひらほどの倖せ 更新

2017.04.21

装画しか載せていなかった、布施明さんの「この手のひらほどの倖せ」の挿絵全点をupしました。

もう10年前になるんだ!でも私の絵は変わっていないですね。


こういう、物悲しいような田舎の風景と人を描くのは大好きです。

でもあんまりそういう仕事はないんですよね。


自分が生まれたのは昭和40年代の北海道。東京よりもずっと田舎。

子供の頃見たもの、例えば駅舎、おそらく東京でいうと昭和30年代の景色なんだと思います。

今放送中の朝ドラ「ひよっこ」を見ていると、なんとも懐かしいです。

もうあの時代って今とは風俗も景色も違う、歴史物なんですね。


話は変わりますが、最近このTISHPを見てお仕事くださる方が増えてきました。

自分のブログは停止中、tumblerも滅多に更新していない。

あとは「イラストレーションファイル」。

最初は1冊だったのに今は上下2冊で、あの中からイラストレーターを探すのは大変、、、。

でも作家さんに選ばせる時はイラストレーションファイルをお使いになることが多いみたいだから

ずっと掲載していくつもりではあります。

でもやはり手軽とは言い難いんでしょうね。


TISHPは、作品のアップがとても簡単なんです。

でも数年前の自分にはできなかったんだ。なんで???

勿体無いことしてたなあ。

教科書の挿絵

2017.02.13

どういうわけか教科書の挿絵のお仕事だと私の絵でも人気があるようだ。

改訂の度にあちこちで描かせていただけて嬉しい。

しかし、描きあげてから出来上がり自分の手元に来るまでかなりタイムラグがあるので、HPにはなかなか反映できないのであった。たくさんの子供達に見てもらうのは光栄なことだが一般の人の目に触れる機会はまずない。その辺がちょっと残念。

細かい規定があって嫌だという人もあるが、常識や、ちょっとした読み手に対しての想像力というか、配慮があれば特に問題はない。


道徳や国語の教科書では名エッセイを描かせてもらう機会が多々あるのが楽しみだ。

名作というのは今読んでも古くない、どころか、ハッと思わされることが多々ある。

そのエッセイを選ぶ側の意図も見え、なるほどと思う。


近いうちに教科書の挿絵をアップしていきたい。


「淳子のてっぺん」も少しずつ絵を増やしています。ご覧くださいませ。


作品をアップしました

2017.01.31

新聞小説「淳子のてっぺん」終盤あたりをメインに少し作品をアップしました。

文字の中から人物を描き出すということをしていると、ほんの時たま、自分の描いた絵でその人物に魂が宿ることがあります。

特別な描写のない脇役などに鉛筆や絵の具で姿を与えていくと、それまでただの「文字」だったものがなんだか生き生きと動き出す。自分の中で。

この人はこういう人だからきっとこんな時はこんな表情をするだろうな、こんな服や持ち物を選ぶだろうな。


そういう時、おお、自分もまんざらじゃないのかも?と絵を描くことにほのかな満足を覚えたりするのです。


このおっちゃんたちは、エベレストに登った時の読売新聞と日本テレビのカメラマンなのですが、実際の写真を後で拝見すると全然違う人でした。





「淳子のてっぺん」田部井淳子さん死去

2016.10.22

登山家の田部井淳子さんが死去。

私は今年1月から「信濃毎日新聞」で連載されている新聞小説「淳子のてっぺん」(唯川恵作)の挿絵をずっと描いてきました。

田部井淳子さんをモデルにした小説です。現在は、エベレストに女子登攀隊が挑戦しているシーンが続いています。


ちょうど、昨日、最後の316回目の挿絵を入稿したところでした。

田部井さんが癌などのご病気だということは、ご自身も語っておられるので存じておりました。

昨年の講演会ではハリのあるお声で元気いっぱいに見えましたが、抗がん剤の副作用で色々とお辛かったようです。


小説最終回のシーンは山を下る場面ですが、終わりという感じにしたくなくて、明日も続きがあるような、なんのことはない構図にしました。


一年間ずっと田部井さんの人生を追ってきました。

神保町の山の古書店を何度も訪れたり、ネットで探したりして、1960〜70年代の登山、登攀の資料を探し読み込みました。

田部井さんの属した「女子登攀隊」の当時の本も何冊か手に入れられる限り手に入れました。

田部井さんはじめ、隊長の久野英子さんや、登頂を断念することになった渡辺さん。他のメンバー。

それぞれの人生の一場面を少し、見ることができました。

こんな人たちがいたのだ、今は覚えている人は少ないかもしれないけれど、挿絵の中で活躍させてあげたい、そんな気持ちで描いてきました。

40年前に大変な労力で成し遂げられたエベレスト初登頂。

多くの人の協力がなければ成し遂げられなかったのです。



連載の方はまだ続いているので、挿絵のアップは後日少しずつ行う予定です。


田部井淳子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


バンコクは暑かった

2016.03.30

先日、タイのバンコクに行ってきました。約20年ぶりか。
街はすっかり変わり、高架鉄道や地下鉄ができていて、空港もドンムアンからスワンナブームへ。
巨大なショッピングセンターがたくさんできて、すっかり大都会。
円安のせいもありますが、物価も特別安いとは思えない。

事前にいつも利用しているオプショナルツアーサイト「ベルトラ」で現地ツアーを予約しておいたし、いろいろ楽しむはずが、、、


同行した子供と代わり番こに暑さにやられ!辛さにやられ!なんかわかんないが水下痢!

前も同じでした。自分は進歩してない、いやむしろ退化。

バンコクはすっかり綺麗になったけれど、近郊で火を通していないものを飲食したのは油断しすぎだったのか。


わずか数日の滞在で2キロ痩せて帰国しました。

悔しい〜。

雪解けの早い北海道

2015.04.06

数日実家のある札幌に帰省してきました。

今年は雪解けがたいそう早く、もうすっかり地面が出ていました。


支笏湖畔の丸駒温泉旅館に宿泊しましたが白樺の赤い新緑に青い湖、溶け残った雪、そして残雪をいただく山々の美しかったこと。

北海道の春は雪解け、東京の春は桜。どちらも心浮き立つ時期です。


小学館 辻調和食の本 発売中

2015.04.06

小学館より「辻調 感動和食の味わい 種明かし帖」が発売されました。

正統な和食を、「椀」から「食事」まで品書きに従ってイラストを使って蘊蓄を深めていくという一冊。

カラー、モノクロ、合わせて130点以上のイラストが使われております。

読みでがあると思います。是非、書店でお手に取ってご覧ください。

デザインは文京図案室さん。


数年ぶりの更新

2015.03.01

数年ぶりにTIS総会に出席。

TISのHPは簡単だし更新しなよ!という声に励まされ、数年ぶりに画像更新しました。

作業は99%夫がやってくれました、、、、とほほ


次回はモノクロの小説挿絵をupの予定です。

桜の季節までには頑張ります。


TISニュース:TIS展覧会情報

2013.03.19

TISニュース:会員個展情報

2011.03.30

TISニュース:今日のTIS

2010.08.17

TISニュース:TIS展覧会情報

2010.07.15

TISニュース:今日のTIS

2010.05.18

全ての近況報告