東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

_

伊野孝行 いのたかゆき

お問い合わせ

〒156-0043
東京都世田谷区松原
TEL: 03-3324-7949
FAX: 03-3324-7949

オトナの一休さん

2016.10.04

6月にeテレで3話だけ放送された『オトナの一休さん』がレギュラーになって帰ってくる!毎週水曜日の午後10時45分から放送です!10月5日スタート!


http://www.inocchi.net/blog/1564.html

「小説すばる」で「ぼくの神保町物語」

2016.03.23

「小説すばる」2016年3月号から「ぼくの神保町物語」という読み物の連載がはじまりました。文章メインで、もちろん自分で挿絵も担当しております。内容は私が19年の長きに渡って神保町の喫茶店でアルバイトをしながら下積み生活を送っていたときの話です。

 大学4年の時に働きはじめて、辞めたときは41歳……街は変わって、人も変わりました。永遠に続くかと思われたバイト生活にも奇跡的に終止符が打てて、こんな連載まではじめています。まことに不思議なものです。

 時おり過ぎ去った出来事を思い出すことはあっても、読者様に向けて書くというのは、やったことがありません。目下、19年分の過去を頭の中で編集しながら、たいへん苦労して書いております。でも、現在を生きながら、過去にも生きているような気持ちになり、ちょっとした二重生活を味わえるのはおもしろいところです。

第1回は「憂鬱なコーヒーボーイ」

第2回は「長沢節信者」

てなわけで、名もなきイラストレーター志望者の人生にお付き合いしてあげようという、奇特な方は立ち読みでもしてくださいませ。

第53回 高橋五山賞

2015.07.14

第53回 高橋五山賞を授賞いたしました。パチ!パチ!パチ!

〈高橋五山賞は、教育紙芝居の生みの親、高橋五山氏の業績を記念して、1961年に創設された。ただ単に、五山賞ともいう。年間に出版された紙芝居の中から最も優秀な作品に贈られる。高橋五山賞審査委員会(財団法人文民教育協会子どもの文化研究所)主催。〉

受賞作品は「ごん助じいさまとえんま大王」という去年出た紙芝居で、わしおとしこさんの脚本です。

↓わたしのブログに書きましたので、ご興味あるかたはのぞいてみてください。

http://www.inocchi.net/blog/4563.html

TISニュース:会員個展情報

2013.09.01

第44回講談社出版文化賞 さしえ賞

2013.04.10

第44回講談社出版文化賞 さしえ賞を受賞いたしました。

受賞対象作品の4点です。荒山徹さん「長州シックス 夢をかなえた白熊」梶よう子さん「立身いたしたく候 水練男子」。


TISニュース:TIS展覧会情報

2013.03.19

「画家の肖像」書評

2012.07.17

美術手帖8月号の「INFORMATION」というコーナーで紹介してもらいました。(つーか自分で紹介記事書いております。)サンデー毎日の書評欄でも南伸坊さんに取り上げていただきました。ありがたやありがたや。

 『この本には1人のイラストレーターが描いた44人の画家の肖像画がおさめられている。

 1人のイラストレーターというのは……これを書いている私です。自分で自分の本を紹介する厚顔をお笑いいただきたいが、自分というのはあんまり自分をわかっていなかったりする。事実、私は南伸坊さんによるこの本の「解説」を読んでみて、自分の仕事の輪郭がはっきりとした。たよりない話である。伸坊さんは解説でこう書いてくださった。

 『「絵画による絵画論」。これはもう、ひとつのジャンルができあがったというべきだろう。 (中略) アイデアを思いついて、それを絵にしてるだけじゃない。描きながら考えて、描きながら論をすすめている。つまり絵による「絵画論」なのだ。』

 自分の絵って何だろう?これが自分の絵だと決めつけていやしないか?私がいろんな画家の肖像を描こうと思ったのは、その作業の中で、自分の絵だと思いこんでるものを笑いとばしたかったからだ。自分の絵なんてなくて、描けばなんでもそれが自分の絵なのだ。

 もうひとつは、画家や絵について「絵」で語りたかった。おもしろい絵を見ても、それを言葉で伝えるのはとてもむずかしい。頭と体の中にはおもしろさが充満しているのに、なかなか言葉に置き換えられない。きっちり説明ができないからこそ魅力的なのだとも言える。おもしろさを言葉に変換しないでそのまま絵にして出す。言葉にしてみてわかることがあるように、絵に描いてみてわかることもあった。

 そもそも絵と言葉は次元が違うものなのに、なぜ我々は今まで絵について言葉で語ってきたのだろうか?絵の感想は絵で言う。「絵画による絵画論」。これからはコレだ!』

『美術本の新しいジャンル。絵による絵画論。ぜひおすすめしたい。2冊が当たり前に並んでいるミュージアムショップのクオリティーが私の夢だ。』シンボーさん、ありがとうございます!ミュージアムショップの方どうぞよろしくおねがいします!

TISニュース:TIS展覧会情報

2012.06.05

TISニュース:TIS展覧会情報

2012.02.24

NewYork美術館巡りの旅

2011.11.22

10月18日〜24日までNEWYORKに行ってきました。

美術館巡りのレポートです。よろしかったらご覧下さい。

●グッゲンハイム美術館/MOMA

http://www.inocchi.net/blog/1825.html

●メトロポリタン

http://www.inocchi.net/blog/1907.html

●ディア・ビーコン

http://www.inocchi.net/blog/1949.html

●ペースギャラリー/ホイットニー美術館

http://www.inocchi.net/blog/1979.html

TISニュース:会員個展情報

2011.10.25

TISニュース:会員個展情報

2011.06.18

TISニュース:会員個展情報

2011.05.30

個展「画家の肖像」

2010.11.25

12/4〜12/19「リトルモア地下」にて個展『画家の肖像Takayuki Ino’s National Portrait Gallery』を開催します。古今東西の画家達をあの手この手で描くという野心あふれるこの展覧会を見て2010年をしめくくろう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年のはじめ、ロンドンに「ゴッホ展」を見にいきました。16年ぶりの海外旅行でした。
生で見たゴッホはとても良かったです。ロンドンにはNational Portrait Galleryという肖像画ばかりを
集めた美術館があります。肖像画は僕にとって興味のつきることのない画題です。
ロンドンで「ゴッホ」と「肖像画」を見ているうちに、年末にリトルモア地下でやることになっている
個展は、画家の肖像を描こうと思いました。画家はもっとも身近に感じ、時には届かない遠さを思い知らされる存在です。
そんな画家達をあの手この手で描いてみました。題して「画家の肖像 “Takayuki Ino’s National Portrait Gallery inTokyo”」です。
是非見に来て下さい。 伊野孝行
 _________________________________________
Vincent van Gogh/Henri de Toulouse-Lautrec/Paul Gauguin/Salvador Dali
Pablo Picasso/Paul Cézanne/Henri Rousseau/David Hockney/Francis Bacon
Balthus/Alberto Giacometti/Rembrandt H. van Rijn/Edvard Munch
Marcel Duchamp/Andy Warhol/Jackson Pollock/Gilbert and George
Ron Mueck/Alexander Calder/J. M. W. Turner/Georges Bigot/Damien Hirst ……

岡本太郎/与謝蕪村/曾我蕭白/河鍋暁斎/木村荘八/小村雪岱/長沢節
山下清/横尾忠則/藤田嗣治/オノ・ヨーコ/棟方志功/草間彌生/茂田井武
富岡鉄斎/秋山祐徳太子/鈴木春信/長谷川利行 ……

 _________________________________________

12/9には、南伸坊さんとのトークショーもあります。シンボーさんのスルドイ名著「モンガイカンの美術館」はあの横尾忠則さんも「するどい!あの、おにぎり頭め〜」とおっしゃられていた。(横尾日記で読んだ記憶がある)なので私さえしっかりしていればスルドイトークになるはずだ!

リトルモア地下のページ。場所などはコチラから↓(展示は月曜休みです!)


http://www.littlemore.co.jp/chika/event/

私のブログで書いた、この展覧会の記事3つ↓

http://www.inocchi.net/blog/1325.html

http://www.inocchi.net/blog/1343.html

http://www.inocchi.net/blog/1350.html

TISニュース:会員個展情報

2010.11.24

TISニュース:会員個展情報

2010.08.31

愛欲の悪夢『鍵』

2010.08.22

愛欲の悪夢!

伊野孝行・丹下京子二人展『鍵』


いま、HBギャラリーの上空では風雲が急を告げている。

なぜなら今週末8/27金曜日から、伊野孝行と丹下京子の二人展『鍵』が開催されるからです。

皆様どうぞ見てやってください。お待ちしております!


『鍵』DMの正しい見方↓

http://www.inocchi.net/blog/1174.html


『鍵』の登場人物紹介↓

http://www.inocchi.net/blog/1188.html

 

あんな『鍵』こんな『鍵』↓

http://www.inocchi.net/blog/1202.html


予告編↓

http://www.inocchi.net/blog/1223.html




TISニュース:今日のTIS

2010.08.17

TISニュース:会員個展情報

2010.08.04

TISニュース:TIS展覧会情報

2010.07.15

INO in LONDON

2010.06.28

今年のはじめロンドンに「ゴッホ展」を観に行ってきました。海外旅行は実に16年ぶりで、2度目でした。旅行ぎらいなのか自分でもよくわかりませんが、めったに旅行にいきません。その時のことをブログに書いたのでよかったらお読みください。海外旅行は楽しかったけど、疲れるから5年に一度くらいでいいです。


倫敦の旅1「ターナーにびっくり」http://www.inocchi.net/blog/965.html

倫敦の旅2「ロンドンところどころ」http://www.inocchi.net/blog/979.html

倫敦の旅3「わたしはゴッホをみた!」http://www.inocchi.net/blog/994.html

TISニュース:今日のTIS

2010.05.18

全ての近況報告