東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

_face

158人の漱石 ひゃくごじゅうはちにんのそうせき
その他の作品

prev next

小池アミイゴ

「三四郎」 を読んで本郷界隈を歩くと、人が自分の足で歩いていた時代のことを足の裏から想像出来て楽しい。数年ぶりに見に行った三四郎池も、足の裏から可笑しな場所で、その印象を新たに出来たのが、やはり楽しい。

キーワード:

158人の漱石 : 「三四郎池」

「三四郎池」