東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

_face

158人の漱石 ひゃくごじゅうはちにんのそうせき
その他の作品

prev next

マスリラ

弟子の三重吉が連れてきた 「千代千代」 と鳴く愛らしい文鳥は、こんな風に懐く前に死んでしまいます。だからこの絵は私の願望と想像の一場面です。 執筆の合間に文鳥と戯れる漱石さん。実際には叶わなかったさらなる癒しのひととき。

キーワード:

158人の漱石 : 「「文鳥」 大阪朝日新聞1908.6.13〜21」

「「文鳥」 大阪朝日新聞1908.6.13〜21」