東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

_face

158人の漱石 ひゃくごじゅうはちにんのそうせき
その他の作品

prev next

唐仁原教久

一八九五年、漱石の下宿 『愚陀仏庵』 に帰省療養中の子規が転がり込む。一夏の五十余日の共同生活ではあったが、近代俳句の礎となる松風会が発足する。互いに敬愛し合う二人であったが、病身の子規を気遣う弟のような想いの漱石であった。

キーワード:

158人の漱石 : 「愚陀仏庵での漱石と子規」

「愚陀仏庵での漱石と子規」