「からたちの花」

昨年の2009年8月24日〜9月18日にTISの会員が「しゃぼん玉飛んだ 170人のイラストレーターが描く日本の童謡・唱歌」というタイトルで制作。私の選んだ童謡は「からたちの花」です。私の通った小学校の裏手にはからたちの垣根がありました。とげのある枝にはアゲハ蝶の幼虫がいて、良く見に行った想い出があります。この歌は作詞の北原白秋と作曲の山田耕筰の二人の想いが結実した童謡です。山田耕筰は10歳の時、父を病気で失いました。家は貧しく秋になると色付くからたちの実を食べたそうです。垣根の向こうは畑で、小母さんが野菜をくれた勤労学生の頃の体験が歌詞に読まれています。

クライアント名 : TIS

  • リクルートクリエーションギャラリーG8で開催されました展覧会のイラストです。

OTHER WORKS