東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

2011.8月の個展情報

2011.07.26

  • 会員個展情報

網中いづる So many memories

本展は、網中氏がデビュー以来約10年に渡って制作してきた作品アーカイブを中心に、新作も交えて紹介するものです。それぞれ、たくさんの思い出が詰まった作品群の中を散策する機会として、「So many memories」と名付けられました。書籍や雑誌、展示などのために描かれた絵の中からシリーズを横断・ミックスして俯瞰するうち、彼女の描画流儀の中の核心に触れられることでしょう。


2011年7月22日(金)~ 8月3日(水)

GALLERY SPEAK FOR

  • 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F Tel 03-5459-6385
    東急東横線 代官山駅 徒歩2分
  • 11:00 ~ 20:00(最終日のみ18:00まで)
  • 毎週木曜休

宇野亜喜良とアール・ヌーヴォーの作家たち

宇野亜喜良とアール・ヌーヴォー時代の女性像との共通点に着目し、「横顔」「劇場」「花」「眼」の4つのテーマで構成、川崎市市民ミュージアムが所蔵するポスター30点余りを紹介します。


2011年7月24日(日)~ 8月14日(日)

ミューザ川崎シンフォニーホール

  • 〒212-8557 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 Tel 044-520-0100
    JR川崎駅 徒歩3分(西口から直結)、京急川崎駅 徒歩8分
  • 11:00 ~ 18:00
  • 入場無料
  • 8月13日(土) 15:00~ 宇野亜喜良さんのスペシャルギャラリートーク

宇野亜喜良と自由の女神にイタズラ描きVOL.1

’95年に宇野亜喜良氏がドラクロアの「民衆を導く女神」を引用した版画を画廊で制作致しました。宇野さんご自身が自作の版画上にコラージュし発表する予定でしたが、「自由」の意味が問われる今、宇野さんの了解を得て新たなプランで展覧会を開催致します。宇野さんの同世代の偉大な作家の方々や現在興味深い活動をされる方々等にコラボレーションして頂くという趣向です。

TIS会員は、あずみ虫さん、安西水丸さん、宇野亜喜良さん、小池アミイゴさん、ささめやゆきさん、灘本唯人さん、舟橋全二さん、矢吹申彦さん、山口はるみさん、和田誠さんの10名が参加します。


2011年7月28日(木)~ 8月6日(土)

スペース・ユイ

  • 〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F Tel 03-3479-5889
    地下鉄外苑前より徒歩8分、地下鉄表参道より徒歩10分
  • 11:00 ~ 19:00(最終日17:00まで)
  • 日曜日休み

田嶋 健 木版画展「おねがいプリンツ 」

「願はかけても欲かけず、摺り込む願いは君の想い!」

2011年は印象深い年になりそうです。様々な願いを込めてほとんど新作にて発表しました。軽井沢にお越しの際は、お立ち寄り下さい。10月には仙台「こけしのしまぬき」にて巡回致します。


2011年8月11日(木)~ 8月23日(火)

酢重ギャラリー

  • 〒389-0102 長野県軽井沢町旧軽井沢1-6 酢重正之商店2F Tel 0267-41-2929
  • 10:00 ~ 18:00
  • 会期中無休

Here is ZINE tokyo 3

テーマもサイズもページ数も自由!世界中どこにも無い、ここにしかないアーティストによる手作り本。開催初日、オープンと同時に売り切れ続出であった「Here is ZINE Tokyo 2」。またまた各作家限定5部の魅力的で貴重なZINEが<TOKYO CULTUART by BEAMS>に登場します。42組のアーティストが作ったZINEをどうぞお見逃しなく。

TIS会員からは、伊藤桂司さん、ヒロ杉山さんが参加します。


2011年8月26日(金)~ 9月13日(火)

トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)

  • 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F Tel 03-3470-3251
  • 11:00 ~ 20:00
  • 不定休

佐々木悟郎展 cherished objects「小物の魅力」

透明水彩で描く身の回りの小物。 文房具だったり、小さなおもちゃだったり、ミニチュア模型だったり。 小さいけれど大きな存在感を醸し出す作品です。


2011年8月29日(月)~ 9月10日(土)

ピンポイントギャラリー

  • 〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビルB1F Tel 03-3409-8268
    銀座線、千代田線、半蔵門線 表参道駅より徒歩3分
  • 11:00 ~ 19:00(土曜日は17:00まで)
  • 日曜休廊

KUNIO COLLECTIONと原画展

The 5th Anniversary

1Fショップにて、5周年感謝フェアーも同時開催します。


2011年7月15日(金)~ 8月25日(木)

kunio ギャラリー

  • 〒530-0043 大阪市北区天満3-1-16(有限会社クニオ内) Tel 06-6354-929
  • 11:00 ~ 19:00(日曜18:00まで、第1・3日曜日)
  • 定休日:土曜、祝日、第2.4.5日曜日

田嶋健×横野健一展 ライフ&エモーション!

生と死、笑いと涙、男女の出会いと別れ…ひとが生きてゆく日常のなかで交わされるさまざまな感情や場面を木版に刻む、ポップでシニカルな二人の作品世界を紹介します。「凹凸平版一版刷り」手法による木版画をてがける田嶋健と、木版の「版木」それ自体を作品とする横野健一。 木という素材のもつ美しさと力強さを最大限いかしながら、独自の世界を生み出す二人による現在の木版表現をごらんください。


2011年6月30日(木)~ 8月29日(月)

須坂版画美術館

  • 〒382-0031長野県須坂市大字野辺1386-8 Tel 026-248-6633
  • 9:00 ~ 17:00
  • 水曜日は休館
  • 7月30日(土) 9:30 ~ 12:00 体験教室「彫らない版画をつくってみよう」(講師:田嶋健)
    詳細は美術館HPまで。

田島征三の大地

代表的な絵本の原画、絵画作品など約150点により創造性あふれる制作の源を紹介いたします。


2011年7月23日(土)~ 9月25日(日)

ふくやま美術館

  • 〒720-0067 広島県福山市西町二丁目4-3 Tel 084-932-2345
    JR福山駅北口より西へ約400m
  • 9:30 ~ 17:00
  • 休館日:月曜日(祝休日の場合、翌日)
  • 観覧料: 一般 900円、高校生以下無料

和田 誠展「書物と映画」

イラストレーションとグラフィック・デザインを一体不可分のものとして、1960年代から現在まで、第一線で活躍し続ける和田誠。書物と映画にかかわる創作に着目する本展では、井上ひさし、谷川俊太郎、丸谷才一、村上春樹の4氏との仕事を大きく取り上げ、ポスター、絵本・挿絵原画、装丁版下等を展示紹介するとともに、自ら監督した映画のシナリオ原稿や絵コンテなど、自筆資料も公開します。


2011年7月30日(土)~ 9月25日(日)

世田谷文学館

  • 〒157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 Tel 03-5374-9111(代)
  • 10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:毎週月曜日(この日が休日にあたるときはその翌日)
  • 観覧料:一般700円、高校・大学生500円、小学・中学生250円、65歳以上350円

◎映画上映会&トークイベント 8月13日(土) 13:30 〜 17:00
 和田誠監督作品「怖がる人々」を上映後、和田誠さんと安西水丸さんによるトークイベントを開催。

◎コンサート「文学とジャズ」 8月20日(土) 18:00 開演

◎トークショー 9月24日(土) 14:00 〜 15:30
 和田誠さんと親交の深い清水ミチコさん(タレント)、三谷幸喜さん(脚本家)をお招きして、トークショーを開催します。
各イベントの詳細はこちらをご覧ください。

「ふしぎの国の天才たち」

〜障がいよ 叫べ 表現の熱〜

「生の芸術」という意味で、専門の美術教育を受けず、人間の心の底からあふれ出てきた色や形の世界を、アール・ブリュットと呼びます。 2010年、パリで「アール・ブリュット・ジャポネ展」が開催され、この展覧会の4人の作家と共に田島征三も出品し、12万人もの人が日本のアール・ブリュットに注目しました。この世界には、知的障がいをもった作家が多く登場します。純粋で強い力を放つ表現は、世界中で人々の感性に深く響いています。

田島征三は、1984年に滋賀県の信楽青年寮で知的障がいを持った作家たちと出会いました。作家達の表現に感動し、交流を持ちながらそれまで世に出ていなかった彼らの創作を後押しし続けました。信楽での体験が田島征三の創作活動に風穴を開け、「絵本と木の実の美術館」で展開する木の実をはじめとする表現方法に辿り着いたのです。


2011年7月28日(木)~ 9月27日(火)

鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館

  • 〒948-0111 新潟県十日町市大字真田甲2310-1 Tel 025-752-0066
  • 10:00 ~ 17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水・木曜日、8月は無休
  • 入館料:大人700円 小人300円(常設展料金含む)

◎映画「まひるのほし」上映会 9月18日(日) 17:00 〜(田島征三トークあり) 、9月24日(土) 14:00 〜

◎ギャラリトーク 8月〜9月 毎週土曜日 14:00 〜 (8月6日、20日は田島征三のギャラリートーク)

◎自分だけの縄文土器を造って焼こう! 詳細はHPまで。

WOMEN on the TOWN

-三越とパルコ、花開く消費文化-

山口はるみさんが携わったパルコのポスターが100点ほど展示されます。


2011年7月29日(金)~ 10月10日(月)

アド・ミュージアム東京

  • 〒105-7090 東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 Tel 03-6218-2500
  • 11:00 ~ 18:30
  • 休館日:月曜日
  • 入場無料

Feel Love

文芸誌Feel Loveで活躍中のイラストレータによる展覧会です。前半と後半に分けて展示を行います。

TIS会員からは、大森とこさん、奥原しんこさん、谷山彩子さん、吉實恵さんが参加します。


前半:2011年8月1日(月)~ 8月20日(土) 、後半:2011年8月22日(月)~ 9月2日(土)

Laundry graphics gallery

  • 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-11-3 メゾン中塚101 Tel 03-6447-1619
  • 13:00 ~ 20:00(最終日は18:00まで)
  • 休廊 日曜日、8月14日~21日
  • オープニングパーティをそれぞれの会期の初日(18:00~20:00)に行います。

Design Style Exhibition vol.12 新たな感性の共振

Produced by RECTO VERSO GALLERY

参加作家:Design Red、湊 誠二/CID plus、田中 雄一郎/クオデザインスタイル、久保 誠二郎(TIS会員)



2011年8月23日(火)~ 8月27日(土)

RECTO VERSO GALLERY

  • 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第2イノウエビル401 Tel 03-5641-8546
  • 火~金曜日は13:00 ~ 19:00まで 、土曜日(Last day)は 13:00 ~ 16:30まで
  • 休廊 日・月・祝日