東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

食いろいろ展、古今亭志ん輔×下谷二助

2012.06.13

  • 今日のTIS

6月9日に「食いろいろ」展のイベント、古今亭志ん輔さん×下谷二助さんのトークショーが開催されました。


今回の展示関連イベントは展覧会委員のアイデアで「食」に関するあれこれを盛り込むことになり、トークショーの最初に「食に関する落語」を志ん輔さんに一席演じていただくことになりました。


演目は「茶の湯」。展覧会タイトルの「わたしの句読点」とは、「生活の中の一服、休憩」ということ。一服といえばお茶はぴったり、ということで志ん輔さんに演目を選んでいただきました。

登場人物がお茶を飲むたびに、志ん輔さんの表情にお客様からドっと笑いが起きていました。










休憩をはさんで、後半は相手役を務める会員の下谷二助さんとともにトークショーを行いました。


「私服も持っているんですよ」と、冗談を言いながら笑顔で登場の志ん輔さんと、「落語はあまり詳しくないんです、ご了承ください」と少し緊張気味の下谷さん。どのような内容になるのかと思いきや……
















下谷さん独特の間合いに、志ん輔さんが絶妙のタイミングで会話を挟みこむというやり取りに、会場は大爆笑の連続!おなかを抱えて笑っている方あり、涙を流しながら笑っている方あり、本当に盛り上がったトークショーとなりました。


トークショーの最後は、下谷さんがトークショー中に提案した「オチ」で。

下谷さん「今日は何日でしたっけ?」

志ん輔さん「えーと、5、6、7、8……9(食う)でしょう!」

ということで、キレイに締まってイベントは終了となりました。お越しいただいた皆様、志ん輔さん、下谷さん、ありがとうございました!


展覧会は引き続き7月1日まで行っています。「見ているとおなかが減ってくるほどおいしそう」「100円でこの見ごたえは驚き!」などの声をいただいています。どうぞお見逃しなく!


TIS公募

2017.06.04