東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

第10回TIS公募 column

2012.05.22

  • TIS公募

第10回TIS公募受賞作品展


4月11日から4月24日まで、表参道のギャラリー5610にて第10回公募の受賞作品展覧会を開催いたしました。入賞、入選者30名の作品を展示。多くのにご来場いただきまして、誠にありがとうございました。


受賞作品集

今回、第10回を記念して、特別企画の作品集を発行しました。入賞入選者の作品に加え、第1〜9回の大賞受賞者の近況と4名の審査員による座談会を掲載しています。(作品集はTISにて販売中です。詳細はこちらをご覧ください)。


オープニングパーティ・授賞式

初日夕刻よりオープニングパーティ・表彰式を行いました。今年も雨模様でしたが、多くの方々にご来場いただき、盛況のうちに初日を迎えることができました。


表彰式では大賞、金賞、銀賞、銅賞を受賞された4方へ、灘本唯人さんから賞状と副賞が贈られました。




副賞はターナー色彩株式会社様よりアクリルガッシュ、株式会社バニーコルアート様よりリキテックスプライム、株式会社ワコム様よりペンタブレットが各賞受賞者に贈られました。大賞受賞者に贈られる宇野亜喜良さん製作のトロフィーは10回を記念し、宇野さんの手によってさらに加工を加えてあります(表面の緑青)。また、今年の賞状イラストレーションは唐仁原教久さんでした。一枚一枚手描きで、全て違う絵柄の賞状は、入賞、入選者全員に贈られました。


大賞の竹井千佳さんより受賞のスピーチ。




写真左は、入賞者4名。左から、大賞の竹井千佳さん、銀賞の山﨑若菜さん、金賞の概ねたかさん、銅賞の近藤圭恵さん。写真右は、入賞・入選者の皆様と審査員、TIS会員の皆様でパチリと記念撮影。





また当日は、様々な方々からお祝いのお言葉をいただきました。写真左上から、ご来賓の挨拶をいただきました玄光社イラストレーションファイル編集部の片桐淳一様、ご協賛いただきましたターナー株式会社の阪本和利様、バニーコルアートの村田充弘様。また、写真左下より、TIS理事長の安西水丸さん、トロフィーご制作の宇野亜喜良さん。






授賞式の後は、皆様それぞれ最後まで歓談を楽しまれていました。






イベント「イラストレーションクリニック」

今年のイラストレーションクリニックの講師はあずみ虫さん、平澤一平さん、サイトウユウスケさんでした。約2時間にわたって、じっくりとクリニック。



見学も可能でしたので、テーブルを覗きこんでいる人であふれていました。




イベント「トークショウ」

今年のトークショーはスペシャルゲストとして坂川栄治さん、会員ゲストとして井筒りつこさんをお迎えしてお話いただきました。「装丁とイラストレーション」というテーマのもと、様々なお話を伺いました。


写真より左から、井筒りつこさん、坂川栄治さん、司会進行の山﨑杉夫さんです。スライドで作品を拝見しながらお仕事のお話を伺いました。お仕事をされる上で大切にされている事や、イラストレーターとの関わり方など興味深いお話ばかり。感性も必要になる仕事だからこそ、装丁家とイラストレーターの関係性は重要なんですね。




また、坂川さんがこれまでされてきたお仕事の数は4000冊を超えるとのこと!お持ちいただいた書籍はほんの一部です。

なかなか普段聞く事の出来ない、1冊の本が出来上がるまでの裏側や装丁のお仕事にとどまらない坂川さんの活動をとても楽しく伺うことができました。



募金じょうろ

昨年に引き続き、「東日本大震災募金箱」募金じょうろを会場に設置しました。合計で5,695円の募金が集まりました。ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございます。

今回も募金いただいた方には、気持ちばかりですがポストカードのプレゼント。
寄せられた募金は、日本赤十字を通じて寄付させていただきました。



→第10回TIS公募 審査結果

→第10回TIS公募 受賞作品

→第10回TIS公募 受賞作品展覧会