東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

Face

歌舞伎展 かぶき
その他の作品

prev next

信濃 八太郎

近松門左衛門作「女殺油地獄」より、油まみれですってんころりんとなりながらもお吉を殺して金を奪い、花道を逃げ去っていく与平衛の、怯えたような虚ろな目。人間誰しも哀しいほど愚かしく滑稽だ。

キーワード:

歌舞伎展 : 「河内屋与兵衛」

「河内屋与兵衛」