東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

Face

歌舞伎展 かぶき
その他の作品

prev next

くまあやこ

義経千本桜・四の切の場面。初音の鼓となった親狐を慕って、子狐は忠信に化け、静御前が鼓を打つと、狐のような仕草になります。子狐は義経より、源九郎狐の名をもらい、初音の鼓を賜り、喜んでいる姿を描きました。

キーワード:

歌舞伎展 : 「狐忠信」

「狐忠信」