東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

Face

歌舞伎展 かぶき
その他の作品

prev next

みずうちさとみ

落語「中村仲蔵」では仲蔵が“弁当幕”と言われたこの幕を、今までとは全く違う定九郎で演じます。口に含んだ血玉がまるで本当の血のように足へとしたたり落ちる。度肝を抜かれた観客は息をのみます。そして、この定九朗の演出は今へと受け継がれるのです。

キーワード:

歌舞伎展 : 「仮名手本忠臣蔵 斧定九郎/落語「中村仲蔵」より」

「仮名手本忠臣蔵 斧定九郎/落語「中村仲蔵」より」