東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

Face

食いろいろ展 しょくいろいろ
その他の作品

prev next

飯野和好

なめ味噌を作り、醤油を作り、つけものを漬け、納豆をかきまぜ、黄色い麹が花開いて、稲、麦、藁の香りは強く、土間には豊潤な生きものの気配が漂っていた。こどもの頃、生家の庭芝の筵の上にあった、それらを作るための山盛りの塩が大きな味覚の源になっている私は、飯を喰う時、酒を呑む時、よくその雪のような塩を想い出す。

キーワード:

食いろいろ展 : 「発酵へのいざない」

「発酵へのいざない」