東京イラストレーターズ・ソサエティ - Tokyo Illustrators Society

山口洋佑さんの仕事「KBF/ KBF+」(木内達朗)

2013.09.28

  • この仕事、好きだなぁ

今回紹介したい仕事は、山口洋佑さんによるURBAN RESEARCHの女性ブランド KBF/ KBF+の2013-14 A/WFASHION SHOW のポスターとインビテーションです。


山口さんの仕事は以前からウェブサイトなどで注目しており、いつも憧れと畏敬の念を持って拝見しています。去年は渋谷東急文化村のNADiffで開催された個展にも足を運ばせてもらいました。

彼の作品で目を引くのはまずその独特の色彩感覚と世界観です。それを構成しているのが、頻出するモチーフであるところの宇宙、巨大化した動植物、透明または半透明の膜のように描かれた物体、布、服、カーテンなどです。特に彩度を抑えたグレーのバリエーションと相まって、時々使われる浮遊感のある視点は非常に素晴らしいと思います。山口さん自身がデザイナーであることから、雑誌の特集やCDジャケットなどイラスト、デザイン、レタリング、エディトリアル含め全て手がけることで、いっそう統一感のある仕上がりになるのでしょう。羨ましい仕事です。


さて、ここに掲載した仕事は山口さんが最も得意とされるであろう、宇宙、ジャングル、動物をうまくミックスさせた代表的なものだと思われます。宇宙には天の川が輝き、その反射した海のきらめきや植物の描き分け、枝や蔦や木の模様に至るまで細かい仕事が効いているなぁと思います。それに対して大胆に大きく描かれた猫、その上に君臨する女王猫、ピンクの椅子などどれもとても興味深く、また、女王猫の透けたドレスは山口さんの作品によく見られる手法で、見るものを飽きさせません。


山口洋佑さんのサイト

http://blogs.dion.ne.jp/bonfire/

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010